モデル8        60形びわこ号

工作編

昭和9年に日本初の流線形連接車として登場したのがびわこ号です。 京津線と本線間を直通で運行するための工夫が随所に見られた傑作です。両線を走行するためにパンタグラフとトロリー/ポールの両方を持っています。引退後、昭和55年に復元され、現在は大阪・枚方の枚方パーク内に展示されています。

びわこ号はNゲージ、16番、Oゲージと複数のスケールでキット化されましたが、これはモデル8さんから発売された16番キットです。実車同様の連接構造、ウィンドウシル等、近代車両に無い工作となり製作意欲が沸きます。

 

びわこ号製作記

【工作編】

長年かけて製作した10000系と別ページで紹介しているJR223系1000番台が完成したので、今度は趣向を変えて旧型車両を製作することにしました。

●パーツの確認(2021/8/12)

製作開始にあたり、各車両のパーツをグループ毎に仕分けしました。古いキットなので錆が出ています。工作前にサンポールやブラスクリーンで錆を落とします。

●アングル取付(2021/8/16)

説明書通りにアングルから取り付けました。車体裾に合わせ逆L型に付けています。車体長が短く2両だけなのであっという間に終わりました。

●車体工作(1)(2021/8/16)

車体前部を車体にハンダ付けし、前頭部パーツを合わせてハンダ付けしました。また連接部妻板上下の裏側と前頭部と車体のつなぎ補強のため切り出した真鍮帯板をハンダ付けしています。

●車体工作(2)(2022/4/5)

ウィンドウ・シル/ヘッダーの取り付け準備です。マスキングテープで位置を決めたところです。小さな車両で長さは短いですが、旧車両は不慣れなので時間かえて位置決めをしました、

●車体工作(3)(2022/4/6)

ウィンドウ・シル/ヘッダーのハンダ付けを行いました。手前の車体がハンダ付けしたものです。

●車体工作(4)(2022/4/11)

びわこ号の特徴の一つである高床用・低床用扉を、向きに注意して取り付けました。扉の枚数が少ないのであっという間に取り付け完了です。

●車体工作(5)(2022/4/16)

実車では手すりはコの字形のようですが、妻面の端にコの字の2個の差し込み穴を開ける幅がとれないため、 マッハ模型の手すり部品を使用することとし、0.4mmの穴を開けて手すりをハンダ付けしました。

●車体工作(6)(2022/4/16)

窓枠を取り付けました。エッチングで抜かれた窓枠の下段は折り返して2段窓を再現するようになっています。

●床下工作(2022/4/16)

車体工作は配管や前面が残っていますが、慣れていない形状で段取りを考える間、未使用の部品を少しでも減らすため床下機器を床板に取り付ける工作を先に行いました。車体の低床部分に隠れるところもしっかり再現されています。

●ポール工作(2022/4/24)

びわこ号はパンタグラフとポールの両方を備えていしたが、本キットにはポールのパーツも含まれています。説明書を読んでも理解できず、無事組み立てられるか心配しましたが、写真のように部品を整理し、細かい部品を組み合わしてポールになることがわかりました。細かい作業で1基作るのに時間がかかり、4基のポールが完成するのに時間がかかりそうです。

工作編