エムエムモデル  10000系1次車

老朽化した1900系、2600系の置き換えとして新造、2002年から4連固定で運行を開始したのが10000系です。スタイルは7200系をベースとしていますが車体裾等一部に差がつけられています。またクーラーは2基独立のユニットクーラーです。最も大きな変化は45年ぶりに車体色が変更されそれまでの濃淡グリーン2色から「ターコイズグリーン」1色になった異色の存在でした。しかし2009年より10000系も新塗装となって他の一般車と同じカラーになりました。さらに2016年からは7200系、9000系から中間車を車番変更して10000系に編入、7連化されて本線上で運用されるようになりました。面白いのは10000系オリジナルは屋上クーラーが2基なのに対し、7200系と9000系からの編入車両は連続形の1基となっており、塗装が他と同じになっても遠目から10000系であることがわかります。

エムエムモデルから京阪電鉄シリーズとして1300系に続いて発売されたキットです。床下機器も同時に別売され、台車を除いてパーツを揃えることができ、完成に至りやすいキットと言えます。何より7200系、9000系、10000系と続くソフトな正面デザインの新鋭系統が初めて模型化され、10000系に続いて7200系、9000系も発売されました。

発売:2007年4月

10000系製作記

【工作編】

長らく仕掛かりだった1900系の2編成が完成しましたので、今度は一転し新型車両を製作することにしました。この10000系は4両編成ですので新3000系と同時に工作を進めることにします。

●パーツの確認(2013/7/7)

新3000系と同様、製作開始にあたり、各車両のパーツの数量チェックを行いました。

●下準備(2013/8/30)

ハンダ付けの前に妻面手すりと配管用の穴をドリルで貫通しておきます。ハンダ付けの前に中性洗剤で洗浄しました。

●客用ドア、前面取り付け(2013/8/31)

傾かないように注意して客用ドアをハンダ付けしました。続けて特徴ある前面の取り付けです。前面下部とおでこパーツを先にハンダ付けし、ズレが無いことを確認してから車体にハンダ付けしました。前面と車体との接続の補強のため、次の工程で裏側に小さな真鍮板をハンダ付けします。

●前面継ぎ目処理(2013/9/4)

裏側から補強してから、前面パーツと車体の継ぎ目にハンダを盛り、金工ヤスリと耐水ペーパーで研磨しました。まだ継ぎ目が残っているので再度ハンダ盛りを行います。

●妻面コーナー被せ処理(2013/9/6)

新型車両の妻面肩部に施されている被せをハンダ付けしました。6000系の工作の時はアングル材を巻いて加工しましたが、こちらのキットはU字形の妻面側のコーナーカバーと車体に洋白帯材を巻くコーナーカバーを別々に取り付けるようになっています。その後、継ぎ目にハンダを盛って研磨します。

●アングル取り付け(2013/9/9)

車体に床板用アングルを取り付けました。4両ですので、あっと言う間にハンダ付けが完了しました。

●妻面手すり作成(2017/5/2)

前回中断から3年半以上経ってしまいましたが、工作を再開しました。妻面の手すり作成のため治具を作り、予備も含め約30個の手すりを作成しました、

●妻面手すり取り付け(2017/5/4)

3両の妻面と屋根に手すりを取り付け、裏側からハンダ付けしました。

●屋上配管工作(1)(2018/1/17)

両先頭車の屋上の配管工作を開始しました。2両だけなので楽なのですが、久しぶりの細部工作でなかなかはかどりません。